協会について

(一社)沖縄県測量建設コンサルタンツ協会の沿革

1960年代前半、沖縄における地籍測量及び公共土木工事の設計のための測量等が発注されるような機運が生じたので、測量設計を業務とする企業が次々と設立された。そして同業者のあつまりである協会が設立されたが、これを年表式に説明すると次のとおりである。

1950年
(昭和25年)
民間測量事務所の創立
沖縄民政府法務部の企業免許により創立(2、3企業)
1952年1月6日
(昭和27年)
沖縄測量者協会発足
官民37人が結集して沖縄測量者協会を発足(初代会長:上津 保)
1964年7月6日
(昭和39年)
琉球測量業協会設立
民法により社団法人として設立され、商法により設立された企業が加入:9社
1967年7月6日
(昭和42年)
沖縄土木設計監理協会設立
任意団体として設立。商法により設立した企業が加入:7社
1972年6月20日
(昭和47年)
全国測量業協会沖縄支部創立
沖縄の本土復帰に伴い、琉球測量業協会は発展的に解散し、全国測量業協会沖縄支部として新しく発足した:30社
1975年3月4日
(昭和50年)
沖縄県土木設計監理業協会に改組
沖縄の本土復帰に伴い、任意団体を社団法人に改組した:21社
1977年10月13日
(昭和52年)
沖縄県測量業協会設立
全国測量業協会の解散により全国測量業団体連合会として改組され当沖縄支部も解散し、同日沖縄県測量業協会として発足し、社団法人認可申請をした:35社
1979年3月29日
(昭和54年)
沖縄県測量設計業協会として改組
沖縄県測量業協会の設立不認可により(行政指導による)同協会を解散させ、協会員を沖縄県土木設計監理業協会に吸収することにより沖縄県測量設計業協会として新発足した:42社
2002年6月24日
(平成14年)
(社)沖縄県測量設計コンサルタンツ協会に名称変更
測量完成高に比べて建設コンサルタントの受注比率が約6倍に高まったことをうけて実情に即した名称に変更:64社
2006年4月1日
(平成18年)
① 旧有限責任中間法人沖縄県建設コンサルタンツ協会と組織統合
② 統合に伴い(社)沖縄県測量建設コンサルタンツ協会に名称変更
(社)沖縄県測量建設コンサルタンツ協会と有限責任中間法人沖縄県建設コンサルタンツ協会の目的及び事業が類似、共に地元企業で構成されていることから双方協議し、定款の所要の変更認可を得て2006年4月1日に組織統合:85社
2007年11月21日
(平成19年)
創立40周年の節目を迎え式典開催。

2011年3月31日
(平成23年)
現在会員数:76社

2013年4月1日
(平成25年)
社団法人より一般社団法人へ移行

沖縄における測量設計業の歴史は、本土に比べて日も浅いがこの43年の間幾多の困難を乗り越え新しい企業としての基盤を築いてきた先輩たちの努力は高く評価されるものである。僅か7社の会員により組織された当会も43年のあいだには幾多の変遷を経て現在76社と飛躍的な発展を遂げつつあり、古きを訪ね新しきを知る意味あいから43年間の協会の軌跡を訪ねると共に、沖縄の公共事業の一端をになう建設技術者集団として、県勢発展の基盤整備に重要な役割を果たしてきた。